作品紹介『雲の花と竜の孫娘』(竜と孫娘2)

20:50 / 記入者:桐沢 鷹名
雲の花と竜の孫娘アイコン.jpg
雲の花と竜の孫娘表紙.jpg【内容紹介】
 竜の末裔といわれる竜人と人間のクォーターであるレノル。彼女は両親を失い孤児院で暮らしていた。
 厳しい規律に息苦しさと孤独を抱える日々のレノルは、ある時、空腹に耐えかねて夜の森へと狩へ出た。
 そこで出会ったのは常識知らずの少年・エシュケ。
 なりゆきでふたりが交わしたおかしな契約は、やがて閉塞した彼女たちの生活を変えてゆく──

「竜と孫娘」シリーズ第二弾にして、物語の始まりの章。出会い編。
<シリーズ物/ファンタジー/異種族>
【頁 数】76頁
【サイズ】A5判 2段組み
【製 本】平綴じコピー本
【発行日】2016年2月7日
【頒 価】500円
※あとがきに4コマ漫画あり

扉1おかしな主従.jpg扉2友達.jpg扉3竜の系譜.jpg挿絵1おかしな主従.jpg