作品紹介『夜行鳥』

01:19 / 記入者:桐沢 鷹名
夜行鳥アイコン.jpg
夜行鳥冊子見本.jpg【内容紹介】
ある月夜の晩、暗い森に訪れた男と子供。
彼らは焚火を熾し、語り合う。
それを見つめるのは、人に「夜行鳥」と呼ばれるあやかしだった。
男の語る昔語りに夜行鳥は何を思うのか。

その出会いがもたらす記憶は
悲しい男女の物語──

短編和風奇譚。
<読み切り/ファンタジー/和風奇譚>
【頁 数】12頁
【サイズ】A5判 2段組み
【製 本】中綴じコピー本
【発行日】2017年6月10日
【頒 価】100円

作品画像あとがき.jpg