作品紹介『天木の卵』

00:46 / 記入者:桐沢 鷹名
天木の卵TOP.jpg

天木の卵表紙見本.jpg【内容紹介】
 あの日カーフが拾ったのは、角が生え、首や腕が鱗に覆われた大柄な男だった。
 その男を利用して稼ごうと考えたカーフだったが、ことはそう上手く運ばず、思わぬ窮地に立たされてしまう。
 この出会いは彼の理不尽な人生に追い打ちをかける不幸だったのか、それとも──

「竜と孫娘」シリーズと同じ世界観で語られる、ある男の救いの物語。
<読み切り/ファンタジー/異種族>
【頁 数】36頁
【サイズ】A5判 2段組み
【製 本】中綴じコピー本
【発行日】2018年10月28日
【頒 価】200円

天木の卵挿絵.jpg